【コードギアス】コードギアスチャンスを1億回シミュレーションしてみた

パチンコ

今回取り上げる機種は

Pコードギアス 反逆のルルーシュ

です!

大型版権とそのスペックから導入前の時点でかなり期待されておりましたが、導入後にその期待を応えたのかネット上での評判がかなりいい感じですね。
一部のユーザーからはパチンコの覇権登場などと言われているほどです。

コードギアスのパチンコは過去にも2作出ておりますがの特に2作目のエンペラーロードはなかなかの不評でした。
※京楽さんリリースした導入当初はゴミ保留からゴミ保留に変化するクソ台などと揶揄されてましたがなんだかんだ人気になりました。

今回は本機種のコードギアスチャンスを1億回シミュレーションし、最高出玉、平均出玉、最高連チャン、平均連チャン、単発の確率などを徹底解析しました。

尚、今回のシミュレーションではコードギアスチャンスに突入した時点をスタートとしているため、初当たりと、ブラックリベリオンの出玉と連チャンはカウントしていません。

あくまでもコードギアスチャンスのみです。

苦労して苦労して突入したコードギアスチャンス自体に果たしてどれだけの期待値があるのか?駆け抜けやショボ出玉で終わるクソ展開になる確率はどれくらいなのか?そういった内容を楽しめる内容となっております。

ですので、この機種は左打ち中の約20%でコードギアスチャンスに直行しますが、今回はその確率は含めておりません。
初当たり(金七以外)⇒ブラックリベリオンをしとめる⇒その期待度は?
というシミュレーションとなりますのでご理解いただければと思います。

また、毎度のことですが、本解析は獲得出玉なので、払い出し出玉ではありません。

それではどうぞ!

コードギアスチャンス 出玉 解析

ひとつひとつみていきましょう。

まず、せっかく突入したコードギアスチャンスですが、約5回に1回は1000玉も獲得できずにおわります。
なかなかに厳しい確率ですね、ずっと打ち続けていればそのうちやってくると思っておいた方がいいでしょう。

万発over確率はどうでしょうか。
約15%ほどと、現実的な確率かと思います。

その中で2万発over以上の確率は約2.5%なので40回に1回くらいの確率ですね。
まあ打ち続ければそのうちいけるでしょう。

最高出玉は10万発を超えましたね。
確率は1億回中1回レベルですので無理だと思ってください。

平均獲得出玉は5248玉でした。
ですので、もしコードギアるチャンスが終わったとき、初当たりの出玉とブラックリベリオンの出玉を差し引いた出玉が5000発overしてたら、あ、平均超えたんだなーって思ってくれればと思います。

コードギアスチャンス 連チャン 解析

次に、継続率解析です。

まず皆さんは継続率91%という馬鹿みたいに高い確率を過信しすぎてはいないでしょうか。
5連以下で終わる確率は約42%もあります。

91%もあるんだから10連以上してくれなきゃ困るわ!と思いたいところですが、10連以下で終わってしまう確率は約64%もあります。
つまり、半分以上は10連を超えることができないまま終わってしまいます。

ですがそういった芳しくないヒキの方々の屍を乗り越えた先にきちんと夢もあるわけで。

20連以上の確率が約14%もあるのです。
50連以上する確率も約100回に1回くらいの確率で訪れるので自分ならいけそうな気がしてきませんか?

ちなみに100連over確率は12345回に1回くらいの確率です。
10万発overと比較すると100連overはかなり現実的であることが分かります。(無理)

平均連チャン数は10.21でした。
まあ10連超えたら平均超えたと思ってくれればと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はPコードギアス 反逆のルルーシュのコードギアスチャンスを解析しました。

今後の実践を楽しむための一つの参考にしていただけると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました