【エウレカセブン】SEVEN SLASH EXTRA を1億回シミュレーションしてみた

パチンコ

今回の記事で取り上げる機種はついこの間に導入されたばかりの

P交響詩篇エウレカセブン HI-EVOLUTION ZERO

です!

今流行りの遊タイム付き(スロットでいう天井的なやつ)のパチンコですね。

最初、1/199でループ率80%のSTで、特に確変転落の振り分けもなく、極めつけは右打ち中の60%で1500発出るなんて、いい意味で頭おかしいと思っていたのですが、左打ち時の当たりの99%は時短100回転なんですね。
100回転の間に1/199をもう一回勝ち取れっていう話になります。(仕留められる確率は約40%くらい)

つまり

当てるor天井到達 ⇒ 時短中に当てる ⇒ 幸福

というわけですが、果たしてその幸福にどれだけの夢が詰まっているのかを1億回シミュレーションしてみました。

今回は SEVEN SLASH EXTRA に突入してからの期待度になるため、初当たりや時短中で当たった出玉は対象外のデータとなります。
(あくまでも SEVEN SLASH EXTRA にどれだけの期待度があるのかの検証)

それではどうぞ!

出玉解析

ひとつずつ見ていきましょう。

まず、SEVEN SLASH EXTRA は継続率が約80%っていうのは本当でしたね。
駆け抜け確立がきちんと約20%でした。

平均は約4300発となかなかの数字ではないでしょうか。

半分の人は2500発も獲得できずに終わります。苦労して勝ち取ってもこんなもんです。

5000発超えは約3割という結果になりました。

万発超えは10%ちょいってところですね。
10回に1回は起こりうると考えれば行けそうな気もします。

2万発超えになると1%ちょいという確率ですが、甘デジのパチンコを1回転で当てたことがある方でしたら問題ないでしょう。

3万発overともなると511回に1回起こりうる確率となるので、なかなか厳しいかもしれませんが諦めてはいけません。

5万発over確率は超人でないと無理です。

源バインや絶狼で確認できた10万発overは1億回というシミュレーション回数でも確認できなかったです。
是非これからエウレカを打たれる方に、億が一の奇跡を勝ち取っていただきたいです。

連チャン解析

続いては、連チャン解析になります。

80%継続のSTという意味ではこの前シミュレーションした

絶狼 の記事とかなり似ているため、サクッと解析していきましょう。

平均連チャンは4連くらいなので4連いったら御の字です。

10連overは約8%くらいですね。

継続率80%あるんだから運が良ければ50連くらいするのでは?
9万回に1回の確率です。現実を見ましょう。

最高出玉履歴公開

需要があるのかなんとも言えませんが今回のシミュレーション結果で確認できた最高獲得出玉の大当たり履歴も併せて取得しました。

解析とは全く別ですが、こんな感じの神がかった展開も訪れる人は訪れるので一つの参考にしていただければと思います。

※解析結果はいつもこんな感じで出力してます。

全部は乗り切らなかったので以下に記載します。

1回目 980 (129回転目)
2回目 1400 (104回転目)
3回目 420 ( 34回転目)
4回目 1400 ( 98回転目)
5回目 420 (111回転目)
6回目 1400 ( 43回転目)
7回目 1400 ( 25回転目)
8回目 980 (147回転目)
9回目 980 ( 21回転目)
10回目 1400 ( 26回転目)
11回目 980 ( 39回転目)
12回目 1400 ( 47回転目)
13回目 1400 (102回転目)
14回目 1400 ( 64回転目)
15回目 1400 ( 38回転目)
16回目 1400 ( 29回転目)
17回目 1400 ( 4回転目)
18回目 420 ( 85回転目)
19回目 1400 ( 27回転目)
20回目 1400 ( 96回転目)
21回目 1400 ( 36回転目)
22回目 1400 ( 2回転目)
23回目 1400 ( 22回転目)
24回目 1400 ( 28回転目)
25回目 420 ( 28回転目)
26回目 980 ( 23回転目)
27回目 1400 ( 89回転目)
28回目 1400 (121回転目)
29回目 1400 (112回転目)
30回目 420 ( 2回転目)
31回目 420 ( 5回転目)
32回目 1400 ( 19回転目)
33回目 1400 ( 12回転目)
34回目 1400 ( 3回転目)
35回目 980 ( 86回転目)
36回目 980 ( 59回転目)
37回目 980 ( 61回転目)
38回目 1400 ( 77回転目)
39回目 1400 ( 20回転目)
40回目 420 ( 54回転目)
41回目 1400 ( 22回転目)
42回目 1400 (144回転目)
43回目 1400 (124回転目)
44回目 1400 ( 2回転目)
45回目 1400 ( 28回転目)
46回目 420 (114回転目)
47回目 1400 ( 41回転目)
48回目 1400 (105回転目)
49回目 420 ( 56回転目)
50回目 1400 (140回転目)
51回目 980 ( 9回転目)
52回目 1400 ( 51回転目)
53回目 1400 ( 36回転目)
54回目 980 (130回転目)
55回目 1400 ( 63回転目)
56回目 1400 ( 85回転目)
57回目 980 ( 17回転目)
58回目 1400 ( 18回転目)
59回目 1400 ( 14回転目)
60回目 420 (123回転目)
61回目 1400 ( 41回転目)
62回目 1400 ( 8回転目)
63回目 1400 ( 27回転目)
64回目 980 ( 49回転目)
65回目 1400 ( 68回転目)
66回目 420 ( 7回転目)
67回目 1400 ( 79回転目)
68回目 980 ( 48回転目)
69回目 1400 ( 12回転目)
70回目 980 ( 29回転目)
71回目 1400 ( 89回転目)
72回目 980 (129回転目)
73回目 1400 ( 15回転目)
74回目 1400 (109回転目)
75回目 420 ( 58回転目)
76回目 1400 ( 61回転目)
77回目 420 ( 80回転目)
78回目 1400 ( 44回転目)
79回目 1400 ( 26回転目)
80回目 1400 ( 45回転目)
81回目 1400 ( 78回転目)
82回目 1400 ( 8回転目)

こんな展開訪れたらたまりませね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はP交響詩篇エウレカセブン HI-EVOLUTION ZEROを取り上げました。

1/199のライトミドルタイプにもかかわらず、その破壊力は抜群なのが確認できたかと思います。

今後の実践の参考にしていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました